コースの選択

ファッションの専門学校によって、様々なコースがあるため自分が希望するコースを選択する必要があります。
ファッションの専門学校のコースには、デザイナーを目指す人に向けたデザインコースがあります。
ファッションデザイナーやアパレルデザイナー、ブライダル専門のブライダルデザイナーや指輪やネックレスなど装飾系のアクセサリーデザイナーが挙げられます。
その他にも、パタンナーの技術を習得することが出来るコースではデザイナーの理想に合った衣服類を仕上げる必要があります。
そのため、ファッション技術コースでは使用する素材の知識だけではなく細かい技術も学ぶことが出来るといえます。
また、ファッションビジネスコースではビジネスに関する知識を習得することが出来ます。
バイヤーやショップの経営者など経営をする際に必要不可欠な知識を集中的に学ぶことが出来るでしょう。

専門学校によってスタイリストコースを設けているところもあり、雑誌スタイリストなどは総合的にプロデュースを行います。
そのため、衣服だけではなく装飾系とのバランスを考えたファッションを取り入れる必要があるため発想力やデザイン力も求められる職種となります。
雑誌は、多くの人に影響を及ぼすため最新トレンドなどを流行らせるのも雑誌スタイリストの腕次第といえるでしょう。
専門学校に通うことによって知識や技術だけではなくバランス力や発想力、判断力や企画力も養うことが出来る場所といえます。

ページのトップへ戻る